ラン - ヘッダー

Orchids

公開日:2018年05月01日 / 最終更新日:2018年05月02日

シンビジウムを皮切りに、その後、コチョウラン、デンファレ、デンドロビウム、そしてカトレアと所有するランが増加中。その神秘的な花姿にほれ込んで、今や生活に無くてはならない「友」になっています。正しいお世話をすれば、その成果を開花するということで見せてくれるのは、本当に嬉しい限りです。

ランに関する投稿記事

本ブログ「MICRO5 FAN」で公開しているランに関する投稿記事をリストします。まだまだ試行錯誤している毎日ですが、その奥深さと開花した時の何とも言えない快感をお届けしたいと思っています。

公開日投稿記事タイトル
2018年04月30日 ミディーカトレア 2 品種を「5 号陶器鉢とモルバーク」に鉢増し
2018年04月29日 シンビジウムの株分けには、のこぎりを準備すること!
2018年04月28日 大輪系コチョウランを貰ってきました・・・鉢増し完了です!
2018年04月21日 通販「森水木のラン屋さん」から「ミディカトレア エンジェルキス」が嫁入り
2018年04月08日 病気!?コチョウランの葉にイボ状のボツボツが発生
2018年02月18日 ミニコチョウランに必要な光量と水遣り

所有するランの越冬温度と日照

ランを育てていて、経験として重要だと感じているのは、温度・日当たり・湿度の 3 つ。最後の湿度は、全ての品種で通年で最低でも 60% を維持しないと、葉がシワシワになったり、花が開花しなかったりと問題が出てしまいますが、その他に温度と日当たりが重要です。

以下に、所有するランに日当たりと越冬温度を総括します。下記は「カトレヤ類の栽培(環境、置き場所)」を参照しています。

所有するランの越冬温度と日照
越冬温度 強光を好む
50,000ルクス以上
中光を好む
30,000~50,000ルクス
弱光を好む
30,000ルクス以下
15~18度 デンファレ カトレア コチョウラン
11~13度
8~10度 シンビジウム
0~7度 デンドロビウム

表中の弱光(30,000ルクス以下)というデータは、我が家の場合、窓際のカーテン越しの場所では、30,000ルクスを超えることは少ないようです。そのことから、中光、強光になると、戸外で育成する方法が良いのだろうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

海外からのコメントスパムを防ぐためにコメントには日本語の入力が必須ですのでご理解下さい。