WordPress プラグイン

WordPress のプラグイン「Revive Old Post」で過去の投稿記事に再び脚光を浴びせる

ブログを継続していると、どうしても過去の投稿記事が埋もれてきます。本ブログのような投稿記事の内容で生意気だとは思うのですが、それでももう一度、脚光を浴びせたい。注目とまではいかずとも、ちょっとだけ公共の場にさらしてみたい、といった要求はあるものだと信じています。

昔の投稿記事へ追記をしたり、修正なんてのもやっているし!ひょっとしたら、注目してもらえたりするかも・・・なんてことも考えたりするんです。

そんな昔の投稿記事を何とか公共の場に再度公開するいい方法はないかな~って。あるんですよね!「昔の投稿記事を自動で SNS へ掲載してくれるプラグイン」というのが。それが、投稿記事「5 WordPress plugins that will drive traffic to your blog」で紹介されていた「Revive Old Post」というプラグインです。

具体的な設定方法は私が説明するよりも、下記の参考サイトがとっても具体的に解説してあるし、素人の私でも簡単に設定できましたので、リンク先を参照して頂ければと思います。

WordPressプラグイン「Revive Old Post」の使い方や設定方法を紹介します。このプラグインは、Twitter や Facebook に自動投稿する事が出来ます。

ブログは更新すればするほど、古い記事が埋もれていきます。2 ページ目 3 ページ目・・・と、古い記事まで遡って読んでくれる程のファンはナカナカ出来ないものです。出典:「Revive Old Postの使い方:過去記事をTwitterに自動投稿するWPプラグイン | アクロニウム」より

本ブログで、とっても拘ったのは、Twitter への投稿フォーマット。ただ、このプラグインはサンプルを表示してみることができるのが凄い!本ブログでは、投稿記事のタイトルのみを再掲載することにして、タイトルの前には「ブログ:過去の投稿記事タイトル」という見出しを付記。個人的に大切にしているタグをハッシュタグにする、ということにしてみました!

さて・・・どうなりますか。

2年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

海外からのコメントスパムを防ぐためにコメントには日本語の入力が必須ですのでご理解下さい。