バラのための薬剤

2018年、バラの薬剤ローテーション散布計画

2018 年 も 3 月になって、ちょっと暖かくなってきました。いよいよバラシーズンに向けて色々とやらなければならないことが出てきました!固形肥料や薬剤散布・・・重要な実施事項ですよね!

バラを始めてから、特に薬剤散布に関しては試行錯誤を繰り返していますが、なかなか難しい。つまり、回答が出てこないのですが、2018 年は、以下のようなローテーションを組もうと決意しました!昨年も同様のローテーションを組んだのですが、夏場から雨天が続いて・・・うまくいかず・・・春先から初夏までは順調だったのですが。

【0470】バラの薬剤散布(2018.02.17)
病気:ダコニール(50)-> ダコニール(1000)-> ジマンダイセン(1000)-> サンヨール(1000)-> サプロール(1000)-> ダコニール(1000)-> ジマンダイセン(1000)-> サンヨール(1000)-> ベンレート(2000)-> 以下、「ダコニール(1000)」以降を繰り返し

害虫:スミチオン(1000)-> オルトラン(1000)-> ベニカ(2000)-> アドマイヤー(2000)-> 以下、繰り返し

バラの薬剤散布に関しては、同系列の薬剤を繰り返し使うことなく、異系列の薬剤でローテーションを組む(複数の薬剤を利用する)ことが重要なことは知っていて損はないと思います。上記のメモの括弧()内の数字は、希薄倍率を示しています。最初の薬剤散布は、「ダコニール 1000 の 50 倍希薄剤を散布する」ことを示しています。

上記のメモは、そのローテーションを加味した上で、自分流に近くのホームセンターで購入できる薬剤を組み合わせました!同系列でなければ、ローテーションの組み方は自由のようですから、自分流を組む方が楽しいですね!

薬剤の希薄液に関しては、以下のメモが役立ちます。

【0620】バラ用の薬剤希薄剤の作り方(2018.03.04)

薬剤の希薄液の作り方
水量 50倍
希薄液
500倍
希薄液
800倍
希薄液
1000倍
希薄液
2000倍
希薄液
1000ml 20ml 2ml 1.25ml 1ml 0.5ml
2000ml 40ml 4ml 2.5ml 2ml 1ml
4000ml 80ml 8ml 5ml 4ml 2ml

1000 倍の希薄液を作るには、1ml の薬剤を1000ml の水に溶かす。

上記のメモを利用して素早く!?薬剤の希薄液を作ることができるはずですね!

2年前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

海外からのコメントスパムを防ぐためにコメントには日本語の入力が必須ですのでご理解下さい。