NotePad++

WordPress と Theme の編集は「NppFTP」を組み込んだ「NotePad++」が担当する

WordPress のブログを始めると、色々と変更したい箇所や機能追加したいといった欲求が出てくる!例えば、デザインをもうちょっと自分流にしたいとか、標準にはない機能を追加したいとか。WordPress や Theme ってやつの理解が深まれば深まるほど、その欲求は高くなってくるようです。あくまでも自分のケースですけど。

既にご存知の通り、上記のような欲求は「子テーマ」を作成して、「子テーマ」に対して実施するのが鉄則!当然、レベルの高い方がは、もっと違った方法を取られているのでしょうけど、私のような未熟者は、「子テーマ」に対して実践した方が良いですよね。

本ブログでも、「子テーマ」に対しての変更は既に始まっているのですが・・・ちょっとした変更だけで済むのであれば、今やカスタマイズすることが前提となっている WordPress のカスタマイザーを利用すれば良いのでしょうけど・・・どうも使い辛いし、変更が間違っていて画面が真っ白ってな問題も避けたいわけです。

そこで、私は「NotePad++」というフリーウェアのエディターを利用して、先ずはローカルで必要な変更を実施。その後、変更したファイルをアップロードするという手順を取っています。その方が安全ですから。間違った場合は、元に戻すのも簡単ですし。

「notepad++(ノートパッドプラスプラス)」は、Windows環境で動く多機能エディタです。

「notepad=メモ帳」というイメージが強いので、メモ帳に機能を足した程度のソフトだと誤解されやすいのですが、メモ帳どころか、Windowsで動く他の有名エディタ(秀丸エディタ、EmEditor、さくらエディタなど)と比べても、まったく遜色のない機能を持っています。

シンタックスハイライトは数十を越える言語に対応し、関数の自動補完、タブエディットなどエディタとしての必要機能は一通り揃っています。

また画面分割ができるのも特長です。よく画面分割機能と謳いながらも、実際に開けるファイルは一つだけといったソフトもありますが、notepad++の場合はちゃんと複数のファイルを同時に編集できます。

わかりやすい例で言えば、左ウィンドウでHTMLのソースを編集し、右ウィンドウでCSSを編集するといったことも可能です。出典:「脱FTPクライアント!notepad++のすすめ | Sabakura Blog」より

ただ、単純に「NotePad++」だけですと単なるテキストエディターになってしまう(どうやら、開発者向けのエディターというのが正しいようです)。そこで登場するのが「NppFTP」という「NotePad++」向けのプラグイン。

この「NppFTP」を設定することで、「NotePad++」で変更したファイルを、そのままサーバーへアップロードできるようになります。「子テーマ」に必要なファイルの修正、新しいファイルの追加等々を実施して、そのまま「NotePad++」から「NppFTP」でファイルをアップロード・・・とっても便利な、それでいて常套手段のような方法がとれます。

「NppFTP」に関しては、公開されているウェブページ「Notepad++のFTPプラグイン「NppFTP」の設定方法 | Sabakura Blog」に詳細がありますので、特に私のような素人が説明する必要はないでしょう。

10か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

海外からのコメントスパムを防ぐためにコメントには日本語の入力が必須ですのでご理解下さい。